報告レポートVo.1:個人継続会員(病院勤務50代男性)


ユーザーレポート

「筋肉は何歳からでも鍛えられる」 個人継続会員 50代男性 TH様



最近よく耳にするフレーズです。筋肉量は20歳でピークになり、その後年間0.5-1%の割合で低下、
特に50歳を過ぎるとどんどん低下していくそうです。


私は54歳男性。市内の救急病院の勤務医です。
忙しく働いているつもりでも、病院内の歩行距離は5000歩程度。
長時間の手術で同じ姿勢を続けると、腰が痛くなるし、背中が張るし。
体力の衰えを年々感じていました。
趣味は20年以上続けているスキューバダイビング。
海の中では重力を感じず、自由になれます。
でも最近は船に上がると、揺れで足下がフラフラ。カッコ悪い!


皆様は、スポーツクラブと言えば、○○筋を鍛えるマシンが並んでいる風景をイメージするでしょう。
一方でスマスマのメニューは、フリーウエイトトレーニングが中心。
バーベルやダンベル、ケトルベル、TRXベルトなどの器具を体全体で使い、
マシンによる筋トレより効果的に全身を鍛える方法です。
器具を使わないメニューもあり、出張先でも運動できるので継続性という点でも優れています。
もちろん最新の筋トレマシンもあり、組み合わせて効果的なトレーニングが行なえます。


2014年12月、スポーツクラブ「スマスマ」のオープンを知り、職場から近い事もあって夫婦で入会しました。
当時はBMI 24、体脂肪率22%、お腹ぷっくり、手足ほっそり、最初はベンチプレスも20kgがやっとでした。


でも優しくも厳しい?トレーナーの皆さんの指導で、週2~3回通い続け、気がつけばまもなく1年半。
現在は、まずストレッチ、バランス訓練、ベンチプレスの後、TRXベルトやバランスボール、
縄跳び等を使って、腹筋、背筋、上腕、大腿、中殿筋をいじめ、最後は有酸素でフィニッシュです。
ベンチプレスも50kgを超え、体脂肪も22%から18%に。 5キロの油の塊が、水と二酸化炭素に消えました。


トレーニング効果は、趣味のダイビングにも影響しています。
ちょっと計算してみましょう。


1年目で、体脂肪は−4kg、筋肉は+1kg変化しました。
脂肪の比重を0.9g/cm3、筋肉を1.1g/cm3とすると(体積=重量/比重)、
体重変化は−3000g、体積変化は−4000/0.9+1000/1.1≒−3530cm3となります。
海水の比重(水温24度で1気圧の環境)は1.023だそうですから、
浮力は体積変化量×海水比重−体重変化量=−617g重変化します。

ダイビングでは、水中で浮力と釣り合いをとるために、重り(ウエイトベルト)が必要になります。
昨年は、前より少ないウエイトでも簡単に海底に到着。
水中でも動きやすくなり、写真の腕も上がった気がします。
体幹が強くなったため、船上で少々揺れても大丈夫です。

職場でも、長時間の治療で、背中も腰も張らなくなりました。
そうなると集中力も以前よりアップします。
難しい症例も、折れない心で戦えます。



 width=

体力の衰えが気になり始めたスマスマですが、
今では自分のパフォーマンス向上にかなり貢献しています。
筋肉が1%増えれば1歳若返ったのと同じ事、
時計の針を10年戻すつもりで頑張ります。

これから筋トレを始めようと迷っている皆様、自己流も良いのですが、
継続性と効率性を考えれば、トレーナーの皆さんの指導はありがたいです。
自分への投資だと思って、スマスマで筋トレ、始めてはいかがでしょうか。




この文章が皆様のお役に立てれば幸いです。
ではいつかスマスマでお会いしましょう!
2016年5月 TH


コースのご案内

このページのトップへ ↑

ページトップ