病院発 アロマオイルによる嗅覚と触覚へのアプローチ

私たち人間は、昔から植物を通じて健康管理を行ってきました。
香りをかぐとリラックスする、あるいは何かの記憶を呼び覚まされるような体験をされたことがあると思います。

「アロマテラピー」=「芳香療法」は、植物が持つ香りやその成分を使って心身に対する様々な効果を得ることができます。
嗅覚へのアプローチ嗅覚を通して、香りは人間の本能を司る大脳辺縁系という部分に伝わります。
この大脳辺縁系は、人間の記憶と感情、自律神経、内分泌(ホルモン)、免疫の調節などに関わる大事な部分で、ストレスを受けると心身としての顕著な不調が現れます。

このように香りは脳に直接働きかけ、最近ではメンタル向上のみならず、うつ病や認知症の治療においても有効だという研究結果もあります。


嗅覚と触覚へのアプローチこの香りと成分を利用したアロママッサージは、嗅覚と触覚の両面から心身へ働きかけます。
植物油で希釈した精油の成分が皮膚表面から毛細血管へ到達し、全身の血液循環にのります。
このため、血液やリンパの流れなど、代謝を良くすることで、浮腫、便秘、筋疲労、筋肉の張り、体温の上昇、生理の不調などに働きかけます。

現在では、合成香料なども出回っていますが、以上の観点からも、100%天然の有機化合物である「精油」自体の質がとても大事です。 当サロンでは、化学肥料と化学農薬不使用、遺伝子操作フリーのコンセプトにもとづくオーガニックの認証を得たもの。人工の添加物、動物性の方向物質を一切含まず、ガスクロマトフィー試験を行った成分分析表が添付された精油を使用しております。


アロマオイルによる嗅覚へのアプローチ方法

エリアごとに、状況にあったアロマの活用を活用しています

  • スマスマでは、エリアの目的にあった効果にブレンドしたアロマオイルをディフューザーでご提供
  • 利用者の皆さま個々目的にあった効果にブレンドしたアロマオイルをアロマリストバンドでご提供
  • 嗅覚から、トレーニング効果を高めます
  • アロマトリートメントルームもご用意、あなた仕様のアロマオイルの販売もいたします

嗅覚と触覚にアプローチする、アロマトリートメントルームのご案内はこちら



アロマオイルの効果

スマート★スマートでは、
嗅覚から大脳への働きかけと運動との連携ができるよう上質のアロマオイルを活用しています


  • 運動ゾーンでは、代謝アップ・集中力アップ やる気アップなどの香り
  • ウエルカムゾーンでは、季節に合わせた和らぐ香り
  • トレーニングの際お渡しするアロマバンドへは、個々のお好みと効果に即した香り

をプロデュースしています。



※ 使用しているアロマオイルは、 例えば、
   
「ローズマリー」集中力アップ、血行促進、筋肉の疲労
   
「真正ラベンダー」は、緊張を緩和したり、筋肉の弛緩に役立ちます。




この効果を得るためには、アロマオイルの品質もとても重要ですので
施設内には、 化学合成ではなく、100%天然の高品質のアロマオイルを使用しています。


運動効果だけでなく、風邪予防や免疫力UPなどにも役立つ心地よい空間となっています。

アロマオイルの効能~香りと選び方~

 アロマオイルの選び方香り効能種類
1 筋肉や関節の強張りを緩和し、筋疲労を予防しながらトレーニング! ウッディー系 強壮作用、うっ滞除去、収斂、抗菌作用、鎮静作用、筋肉の強壮 ジュニパー、サイプレス、マートル
2 代謝&体温アップして充実のトレーニングのために! スパイス系 加温作用、強壮作用、血管拡張作用、冷えの改善、脂肪燃焼作用 ジンジャー、ブラックペッパー、グレープフルーツ
3 ダイエットトレーニングに。セルライト、浮腫が気になる方に! 柑橘系 脂肪燃焼作用、発汗作用、免疫向上、抗炎症作用、利尿作用 オレンジ、レモングラス、イランイラン
4 呼吸を深めながら、リラックストレーニングに! 樹脂系 抗うつ作用、免疫強壮作用、血液浄化作用、冷えの改善、利尿作用 フランキンセンス、安息香、ラベンダー
5 リンパの流れを促し、ホルモンバランスを整え、関節の動きをなめらかに! フローラル系 ホルモン調整作用、静脈強壮作用、利尿作用、リンパ活性 ゼラニウム、ラベンダー、ローズ
6 ストレスを緩和し、心肺機能を整えたリラックストレーニングに! オリエンタル系 細胞活性作用、心肺機能増強、免疫強化、血圧降下、抗うつ、鎮静 イランイラン・パチュリ・グレープフルーツ
7 集中力アップ、やる気アップ、元気になりたい方へ ハーブ系 滋養強壮、疲労回復、メンタル向上、血流増進、鎮痛、発汗作用 バジル、ペパーミント、ユーカリ

アロマセラピー(アロマトリートメント)もご体験くださいませ

>>アロマセラピー(アロマトリートメント)のご案内はこちら

コースのご案内

このページのトップへ ↑

ページトップ